熱中症対策として注意すべきは

熱中症

熱中症対策については健康番組やニュース、地方自治体等の取り組みによって広く知られるようになりましたが、そこには意外な盲点もあります。

例えば高齢者が熱中症で倒れたり、中には命を落としてしまったというニュースが後を絶ちませんが、そのような事が起きてしまうには理由があるのです。一般的に高齢者の方がクーラーの使用を嫌がるという事は知られているとは思いますが、クーラーの冷気が嫌いだという他にも暑さに対して鈍感になっているという面もあるのです。

つまり、嫌いなクーラーを使用しなくても大丈夫な暑さであると勘違いしてしまっているのです。このような事は年齢を重ねれば誰にでも起こりえます。年齢を重ねる事で暑さ・寒さを感じるセンサーが衰えてしまうからです。自分の感覚に頼って判断するとこのような間違いを起こしてしまう恐れがあります。

室内の温度は常にわかる状態にしておき、その温度によって室温を調整するという事を習慣にづける事が大切でしょう。意外な盲点としてもう1点挙げる事があります。それは塩分の摂り過ぎです。夏、コンビニやスーパーに行くと塩分を補給するための飴を見かけるようになります。

汗を多くかく季節には体内の塩分濃度が低下し、程度の重い熱中症にかかる危険があります。そのような危険を回避するための品として経口補水液と同じように利用する人が多くなっています。ところが、これらの品は一歩間違えれば別の症状を引き起こす恐れがあります。

塩分の摂り過ぎによる高血圧です。汗をかく機会が多ければ体内から多くの塩分が排出されるようになるのは事実ですが、実は排出される量については個人差があるのです。食事の時に摂取している塩分量から考えると、そこまで神経質に塩分を補給しなくて良い人もいるわけです。しかし「塩分を摂らなければならない」という事にばかり捉われて塩分を補給し続ける人もいるのです。

特に気を付けなければならないのが日頃から高血圧気味である人です。間違った知識で適量を越えてしまうと更に高血圧が進む可能性が高くなります。また塩分を補給する飴と一緒に経口補水液やスポーツドリンク等の塩分を含む飲料を摂る行為も危険です。

飲んでいる時はさほど塩味を感じないかもしれませんが、これらにはかなりの塩分が含まれています。経口補水液はそれを飲むだけで体内の塩分濃度と水分を補給するものなので、塩分を含む飴を摂る必要がありません。熱中症対策は自分に合ったものを取り入れなければなりません。