薄毛の悩みには食事の見直し

髪が薄い事で悩んでいませんか?食事を変えたら改善されるかもしれませんよ。薄毛、抜け毛にはやはり和食がいいのです。ここではなぜ和食がいいのか解説します。

・薄毛の原因
元来、欧米人に比べると日本人はハゲが少ないと言われていましたが、日本人でも薄毛や抜け毛に悩むんでいる人が増えていますよね。これには食生活の変化が関係していると思われます。戦後、日本人の食生活は欧米の影響を強く受けるようになりました。ハンバーガーをはじめとするファストフード、脂をたくさん使った料理、クッキーやチョコレートなどの菓子類などを日本人は普通に食べます。

野菜や魚中心の和食を食べていたころの日本人と比較すると、欧米流の高カロリーの食生活を送る今の日本人は確実に髪のトラブルに悩む人が増えています。薄毛の原因の多くは髪そのものではなく、抜けやすい頭皮環境にあります。脂肪の多い食生活を続けていると皮脂腺が広がります。それに伴い毛穴も大きくなります。広口のつぼ状になった毛穴にも髪は生えてきますが、穴が広いためしっかりと根を張る事ができません。そのため毛が細くなり、またほんの少しの刺激でも抜けやすくなるのです。

・薄毛に良い食事とは
薄毛の進行をくい止める有効な方法として昔ながらの野菜や魚中心の和食に切り替えるというのがあります。ところで、髪には黒い食べ物が良い、微量ミネラルが薄毛を予防するなどと聞いた事はありませんか?これらも確かに髪を育てるには必要な栄養素です。でも、一つの食材さえ食べればそれで大丈夫、というのではないのです。

あくまでも、基本はバランスのよい和食中心の食事が大事です。黒いものや微量ミネラルが現代人に不足しているには確かではありますが、髪の健康を考えた場合、バランスの良い食生活を送る事が重要です。魚や野菜、貝、豆、海藻類など、不足しがちな食材を積極的に摂るように心掛ける。季節の食材を入れた和食にするなど、食生活を見直してみる事が薄毛予防につながるのです。

和食