タバコがもたらす悪影響

タバコ画像

健康に悪いものの代名詞のタバコ。今や喫煙者はとても肩身の狭い思いをしている事と思います。昔の方がタバコに関してはおおらかな時代でした。男は黙ってハイライト。なんてキャッチコピーがあった位です。確かにタバコがファッションの一部の様にカッコよいとされていましたね。

タバコをくゆらす姿がかっこいい石原裕次郎。葉巻なんかは海外の映画スターを思い起こさせます。考えてみるとどうでしょう?自分の責任で喫煙していればそこまで規制しなくても良いじゃないか?

と考えてしまいそうですね。

ただし、忘れてはならないのが喫煙者は周りに迷惑をかけないでいるということは不可能だということなんです。
どうして?分煙して、きちんとマナーを守っていれば良いじゃないかという声が聞こえてきそうですが考えてみてください。

まず自分の家族、大事な人に、自分で勝手に喫煙し寿命を短くして迷惑をかけています。逆の立場に立って考えてみればすぐ分かることです。あなたは大事な人に早く死んで欲しいのですか?そんな人はいないですよね。1日でも長く、健康で長生きして欲しいと願っているはずです。

それなのに自分の喫煙の欲求の為に、そんな当たり前の事に気付いていない人がどれだけいることでしょう。禁煙は今すぐにでも始められるごく簡単なことです。

難しいと思うから難しいのです。禁煙がもたらす身体の変化について有名な文章があります。10分後、1時間後、1日後、3日、1週間、1ヶ月、3か月~ときて、30年先まで書いてあります。

ここでどの様な変化が起こるのかを書くのはやめましょう。なぜならあなた自身が自分で調べて驚くことが肝心だからです。

それほどに人間の身体は劇的に変化していくものなのです。良い方にも悪い方にも同じことが言えますが、悪いほうに好んで行きたい人はいませんよね。

ネガティヴな言い方をすれば、タバコはあなたの身体少なくとも30年先までは悪影響があるという事です。喫煙歴が長期間になるほど先も長いと思ってください。